岡山県岡山市在住、世帯収入300万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

出身地の違う私達夫婦が結婚して思う苦労する事3つ

 
 
スポンサーリンク
 
 
スポンサーリンク
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。

こんにちはむらたくです。

「出身地が違う結婚ってどうなのかな」
「どんな事で困るのかな」

私達夫婦も、出身地が違って苦労したことが何度かあります。
私達夫婦は妻が京都、私が山口の出身です。

今回は、
出身県の違う私達夫婦が結婚して思う苦労する事3つ
を紹介していきたいと思います。

これから紹介する事をあらかじめ知っておくことで、苦労する事を少なく結婚生活を送っていけるのではないかと思います。

 

どこに住むかで揉める

これがこの中で一番重要なところだと思います。

お互いに地元に住みたいと思っていると中々住む場所が決まりません。

また、どちらかが納得せずに相手の地元に行くことになると後々揉める原因にもなってきます。

少しトラブルが起きると

「やっぱり来たのは間違いだった」
「来るんじゃなかった」

みたいな、文句をずっと言われ続けるもしくは言い続けるかもしれません。

なので、お互いに納得のいく答えが出るまでは必ず話し合いが必要です。

私達夫婦は結果的にどちらの出身地でもない岡山県を住む場所に決めました。

これは、お互いの実家の中間であったり災害が少なかったりするためです。

また、お互いに自分の地元に住むのが嫌だったためどちらの地元でもない岡山県に決定しました。

私達夫婦はめちゃめちゃ揉めるということはありませんでしたが、お互いに地元に住みたいとなるとかなり揉めると思います。

むらたく
仲のいい友達と離れたくなかったら地元に住みたくなりますからね!

 

方言が通じない

出身地が違うと方言が通じません。

どの言葉が方言だと自分でわかっていればいいですが、それが方言だと知らないときがあります。

そうなると、お互いに「?」状態になります。
しかもそれが急いでいるときなんかだと最悪です。

むらたく
山口弁で はぶてる、たわん、かるう これ伝わりませんでした。

 

また、同じ言葉なのに地方によって違うものを指すものがあります。

例えば、ねこまんま

私はねこまんまというとご飯に味噌汁をかけたものを言います。

しかし、妻はご飯におかかをかけたものねこまんまと言います。

ねこまんまをお願いしたらおかかご飯で出てきて驚いた記憶があります。

付き合っているときに自分の出身地の方言をあらかじめ調べておいたほうがいいのかもしれませんね。

 
スポンサーリンク
 

実家への帰省が大変

これも大変です。

同じ出身地なら、時間も交通費もほとんどかかりません。

ですが、どちらかが他県の出身だと帰省するだけでお金と時間がめちゃめちゃかかります。

私達の場合、岡山県に住んでいるので京都と山口に帰省しなければならないのでホントに大変です。

このときばかりはどちらかの地元に住めばよかったと思ってしまいます。

  「帰省に掛かるお金がもったいない…」帰省費用を節約する方法3選

 

まとめ

出身地が違う人どうしが結婚すると、これら問題が発生します。

なので、同じ出身地どうしで結婚したほうが問題は少ないとは思います。

しかし、進学や就職を期に地元を離れてしまうと結婚するのは出身地の違うものどうしになってしまいます。

なので、仕方のないことなのかもしれません。

ただ、今回紹介したことを知っておくだけで苦労することをあらかじめ防ぐことができます。

結婚に苦労はつきものですが、しなくていい苦労はできるだけしないように事前に用意しておくといいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2020 All Rights Reserved.