岡山県岡山市在住、世帯収入300万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

結婚相手を条件で決める人に伝えたいこと

 
 
スポンサーリンク
 
 
スポンサーリンク
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。

こんにちはむらたくです。

あなたは結婚相手を決める際に条件によって決めていませんか?

「年収は600万円以上」
「背が高くて顔がいい」

みたいな感じです。

もちろん、条件で決める事を否定するつもりはありませんし、そのような考え方があっていいと思っています。

ただ、そのような方には抜けている視点があります。

それは、結婚とは消費するものではなく創造するものということです。

 

結婚は消費するコンテンツではない

結婚相手を条件で決める人は、結婚相手が過去につくりあげてきたものを消費する事を目的としています。

例えば、年収や貯金などは結婚相手が今までスキルアップや贅沢などを我慢して積み上げてきたもの。

それを条件に結婚するということは、相手が積み上げてきた物を消費しようとしているということです。

 

また、顔や体型などは現在の状態でしかなく今後、悪くなる可能性の方が高いです。

もし、容姿を条件として結婚していた場合、月日が立つに連れ、自分の条件には合わなくなっていきます。

 

その結果、

稼げなくなったから、貯金がないから、見た目が悪くなったからと、自分の条件に合わなくなってしまい離婚してしまいます。

“Netflixで見たい動画が無くなったから解約する” みたいなものです。

もはや結婚を消費コンテンツとしてしか見ていないのです。

 

 

結婚は創造するもの

結婚は消費するのではなく創造するものです。

・どうすれば、苦労しなくてすむのか?
・問題をどう乗り越えていくのか?
・理想の生活をしていくにはどうするか?

これらのように、結婚生活をどう創り上げていくか?を考えるのが結婚です。

例えば、失業してしまってお金が無くなってしまってもお互いで協力してお金を稼ぐ事が出来るのか。

はたまた、病気で入院することになり貯金が無くなってもまた1から貯金を貯められるのか。

 

もし、条件で結婚したとすると問題が発生した時点で条件に合わなくなってしまうため、離婚してしまう可能性が高くなってしまうのです。

一方で、結婚を創り上げていくものと考えているのであれば、問題が発生したときに家族で解決していく事ができるため、離婚しないのです。

 

 
スポンサーリンク
 

条件だと過去と現在しか見えない

条件で結婚相手を見てしまうと、過去と現在しか見えなくなってしまいます。

確かに、過去や現在が未来を創るというのは一理あると思いますが、未来は誰にもわからないのです。

夢だけ語って行動が伴わないという人も一定数います。ただ、

・頑張っているが、結果が出ていない
・一時的にスランプに落ちているだけ

このような場合も往々にしてあるのです。

人生はいい時ばかりではなく、むしろ悪いときの方が多いです。

「性格や考え方、価値観などは合うんだけど、収入が少ないから結婚出来ない」

というのはもしかしたらとても相性のいい人を逃してしまっている可能性もあるのです。

結婚すると、収入の高い仕事に転職するかもしれないですし、もしかしたら結婚を見越してそれなりに貯金をしているのかもしれません。

収入や貯金などの条件を見るのではなく性格や考え方から、

相手が今後どのような行動を取るのか、

家族の問題を一緒に乗り越えていけるのかを

見極める事のほうがとても大切だと私は思うのです。

 

 

まとめ

条件で結婚相手を選ぶのはお互いに不幸になります。

条件で結婚すると、その条件で離婚してしまうのです。

お金で結婚するとお金で離婚
容姿で結婚すると容姿で離婚

あくまで条件は結婚相手に求める一部として考え、考え方や性格などを重要視するべきです。

相手の考え方や性格を知ることで、問題が起きたときに逃げ出さずに解決してくれるのか、家族のために頑張ってくれるのかなどを知ることができます。

ここで、もし問題から逃げ出すような人であればどんなに年収が高くても、どんなに容姿がよくても結婚するべきではありません。

なぜなら、家族の問題をすべてあなた一人で解決しなければならなくなるからです。

それはあなたにとっても辛い結婚生活になると思います。

考え方や性格で結婚することは、結婚相手とあなたの幸せにもつながります。

 

あなたの幸せのためにもぜひ一度考えていただければと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2020 All Rights Reserved.