岡山県岡山市在住、世帯収入15万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

転職後、手元にある国民健康保険の保険証は使うな!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
  スポンサーリンク  

こんにちは無資格FPのむらたくです。

「転職後、新しい会社の保険証が届かないから、
今ある国保の保険証を使ってもいいのかな?」

転職後によくある事なんですが、

絶対に使わないようにしましょう。

 

なぜなら、

3か月後くらいに国保の保険証で支払った医療費を市役所に請求されます。
そして市役所に医療費を払った後に、会社の健康保険に医療費請求する。

という、とてつもなく面倒くさい作業が待っているからです。

私自身、実際にやりました。
超面倒です。
郵便局とか行かないといけないですし。

  スポンサーリンク  

保険証が届くまでは全額自己負担にしよう

新しい会社から保険証が届くまでは、全額支払うのが一番いいと私は思います。

受診するときは全額自己負担にはなりますが、
後日、届いた保険証を持って受診した病院の窓口に行けば返金してもらえます。

国保の保険証で払ったとしても、
結局一度全額支払う形にはなるのでそれなら最初に全額支払った方がはるかに楽です。

 

注意するポイントとしては、領収書や明細を必ず取っておく事です。
これが無ければ、返金してもらえません。

 

 

どうしても払えない場合は”健康保険被保険者資格証明書”を請求する

「どうしても今現金が無い・・・」

という人もいらっしゃると思います。
その場合は ”健康保険被保険者資格証明書” を会社に請求してもらいましょう。

これは、窓口で見せることで3割負担で済むようになる書類です。
保険証の代わりと思ってもらっていいと思います。

この書類さえあれば、現金が無い場合でも少額の出費で済ませる事ができます。

 

ご自身で請求することも可能ですが、会社の委任状が必要になったりとわずらわしい事が多いので会社の担当者にしてもらうのが賢明です。

 

 

まとめ

要点をまとめると、

・転職後は国民健康保険の保険証は使わない
 (後々面倒な手続きが必要になるため)

・窓口では全額自己負担がおすすめ

・現金がない場合は資格証明書を請求する
 (証明書が保険証の代わりになる)

これら3点を抑えておけば、面倒くさい作業をしなくて済みます。

この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.