岡山県岡山市在住、世帯収入300万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

成長しなければならないという強迫観念

 
 
スポンサーリンク
 
 
スポンサーリンク
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。

こんにちはむらたくです。

あなたは成長やスキルアップをしなければならないと思っていますか??

私はそう思っています。

「休みの日はダラダラするのではなく、勉強したり生産的なことをしなければならない」

「丸一日、勉強も生産的な事も出来なかった事で落ち込んでしまう」

このような、ついやってしまった事や何も出来なかったことで自分を責めてしまったり、自己嫌悪に陥ってしまうことってありませんか??

私もスマホゲームをついやってしまって、自己嫌悪に陥ってしまうことが何度もあります。

 

人は現状に不安や不幸を感じる生き物だと言われています。

なぜなら、過去を美化し未来を楽観的に捉えてしまうからです。

過去も未来も幸せであれば現状が一番不幸であるため、不安を感じてしまうのです。

これはむしろ、人が成長をするための本能的な部分でもあります。

不安になることで成長していくことができるため、生存競争に勝つことができるのです。

 

ただ、現代においてこの機能はとても辛いものだと思います。

SNSやYouTubeなどでいつでも情報を受取ることができてしまうため、つい他人と自分を比べてしまうからです。

すごい人と比べて自分が無能だと感じてしまい自己嫌悪に陥りやすくなってしまいます。

また、エンタメ系コンテンツが充実しているため楽しい誘惑が多くつい無駄な時間を使ってしまいます。

このように、現代を生きる人にとってIT技術の発達により自尊心を保つことがとてもむずかしくなってきています。

 
スポンサーリンク
 

そもそもとして、人は成長しなければならないのでしょうか??

「成功してお金持ちになりたいから」
「周りから羨ましがられたい」

このように考えている方もいらっしゃると思います。

ただ、世間一般的に言われている「成功」は本当にあなたが望んでいるものなのでしょうか??

本当は、ただ仕事をしたくないからお金持ちになりたいだけだったり。

したいこと全部してもそこまでお金がかからなかったりしませんか??

世間一般の「成功」に踊らされて自分自身の中にある「成功」を見失ってはいませんか??

「成功」は人それぞれ違うものです。

ただ生きているだけで成功と感じる人もいますし、はたまた子供を育てて幸せな家庭を築くことが成功という方もいます。

あなたはどんな将来を「成功」と呼びますか??

 

私は、そもそも成功しなくてもいいと考えています。

ゴールに向かって走っているときが充実していればそれでいいんです。

咲いても咲かなくても花は花なのです。

それに「成功」が全てではありません。

今が充実していればそれ以上のことはありません。向上心をもつのも持たないのも個性なのです。

それぞれの個性にあった人生を生きていけばそれでいいのです。

 

また、何もしていないと自尊心を保てなくなっていき、罪悪感が増えていくことはありませんか??

そんなときは、こう思ってください。

あなたは生きているだけで誰かの役にたっている

ということです。

あなたが何か買い物をすれば、その商品の会社の従業員が明日を生きることができます。

ティッシュを買えば製紙メーカー、お菓子を買えばお菓子メーカー、それらを買った店舗の従業員。

様々な人の生活をあなたが守っているのです。

なので、何もしていないあなたにも十分に価値があるのです。

 

はたまた、

「AIに仕事を奪われるから」

このように考えて、食べていけなくなると思い頑張っている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、AIに仕事が奪われるということはありえません。

なぜなら、仕事は無くなってもまた増えていくからです。

例えば、きっぷを切る駅員さんは今では自動改札になりました。

「きっぷを切る駅員」という仕事は無くなったかもしれません。

ですが、自動改札機をつくるメーカーや電子マネーのシステムをつくるメーカーやメンテナンスや設置の仕事など今までなかった仕事が新たに増えているのです。

このように仕事が無くなる一方で増えている仕事もあるのです。

また、産業革命時に上記と同じ事を言われていました。

「機械に仕事を奪われる」

機械の普及により、失業をおそれた労働者たちが機械を壊し始めました。

これは「ラッダイト運動」といい、1811~1817年にイギリスで起こった機械破壊運動です。

このようなことがありましたが、現代はどうでしょうか??

仕事はなくなりましたか??失業者で溢れかえっていますでしょうか??

そんなことはありません。機械が増えればそれに応じて機械に携わる仕事も増えていくのです。

また、機械だけではありません。仕事が少なくなると仕事をしない時間が増えるためエンタメ系の仕事が増えてくるかもしれません。

今まさに、デジタル系のエンタメや娯楽など生活に無くても困らない物や事にお金が流れています。

一昔前では考えられなかったようなことが仕事になっていくのです。

なので、ぜひ未来に怯えることなく今を生きていただければと思います。

 

 

「不安に向き合うこと」はとても大切なことです。

何に不安に感じているのか、どうすれば不安ではなくなるのかを把握することはとても大切です。

なので、とりあえず不安だからという理由で勉強やスキルアップに逃げてはいけません。

それらをすることで精神的に安定するかもしれませんが、一時的なものに過ぎません。

根本的に現状の何が不満で未来の何に不安を感じているのかを洗い出し、それにあった対策をすることの方がとても大切です。

不安だからと手当たり次第に色々な事をやったところで不安はいつまでも消えません。

まず一度立ち止まってみて、今の状況を把握し現状や未来の不安を打破するため何をするべきかを考え、そこに向かって努力する事でより良い人生を送れると私は思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2020 All Rights Reserved.