岡山県岡山市在住、世帯収入300万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

サラリーマンなら”命=お金”であることの自覚を持とう

2020/09/13
 
 
スポンサーリンク
 
 
スポンサーリンク
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。

こんにちはむらたくです。

あなたにとってお金はどれくらい大切ですか?
私はサラリーマンにとってお金は命と同等の価値があると思っています。
なぜならサラリーマンは自分の時間を売ってお金を得ているからです。
時間とはあなたの命の断片です。

つまり、あなたの命をお金に換えているといっても過言ではないということです。

 

お金を払う事はあなたの命を差し出しているということ

お金とはあなたの命です。
そしてお金を払うとはあなたの命を差し出しているということです。

例えば、時給1000円の人がファミレスで昼食に1000円を支払うということは、
あなたの1時間分の命をファミレスに支払い、その対価として食事を得ていることになります。

また、お金は投資に回すと新たなお金を生み出してくれます。

1万円を年利3%で運用すると1年間で300円を生み出してくれます。
300円分仕事をせずともお金を生み出してくれるのです。

先ほどの例で言えば時給1000円の人からすれば300円は18分間分の命になります。
つまり1万円は18分間の命をあなたにもたらしてくれるということです。

それらを考えた場合、
1万円を使うということは10時間分の命と未来の18分間分の命を支払うということです。
さらに、運用期間が長ければ長いほどあなたの未来の命を支払っていることになります。

 

お金は命と同じくらい大切なもの

「お金は大切」とは言いますが、お金は命と同等の価値があります。
それなのに無駄にお金を使ってしまう人がいます。

例えば、コンビニによって買わなくてもいいものを買ってしまいます。
それが、昼食や夕食などの必要なものならまだマシですが、
お菓子やアイスなど、生活には必要ではないものを買って食べる人がいます。

「命を支払い、お菓子を食べる」これは結局、

あなたの命をあなたが食べている

ということになります。
極端なたとえかもしれませんが、自分の体の一部を自分で食べているようなものです。
お金を使うというのは、それくらいシビアに考えるべきなのです。

 

あなたのお金や時間を生み出すものにお金を使おう

「ならお金は使わずに貯めておこう」

という気持ちになってしまったでしょうか?
しかし、お金は使わなければただの紙切れや数値の羅列に過ぎません。
あくまで、お金はツールです。使わなければ意味が無いのです。

それでは何に使えばいいのでしょうか。

それは、あなたの時間やお金を生み出してくれるものです。
例えば、

・節約アイテム
・時短家電
・株式,債券

などです。

節約アイテムというと、例えば省エネのエアコンや冷蔵庫、節水シャワーやLED電球などです。
これらは、出費を抑えることが出来るため手元に残るお金を増やしてくれます。

時短家電は、食洗機や洗濯乾燥機などです。
これらはあなたの時間を生み出してくれます。

株式や債券などは持っているだけで配当金や分配金、株主優待などによってあなたにお金をもたらしてくれます。

これらのものにお金を使うことで、あなたの命をもっとよりよく使うことができます。

  私が実際に使ってみてよかったおススメ節約グッズ3選
  株初心者の銘柄選定は優待で選べ!

 

まとめ

今までのことをまとめると

・サラリーマンにとって”お金=命”である
・お金を支払うとは命を支払うということ
・お金はあなたのお金や時間を生み出すことに使う

命が大切であるように、お金もとても大切なものです。
ですが、この考え方のみでお金を使うと生活が廃れてくるためあまりおススメしません。
この考え方を意識しつつ、好きなことにお金を使うなどしてあなたのバランス見つけていくことが大切です。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2020 All Rights Reserved.