岡山県岡山市在住、世帯収入300万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

医療保険は “掛け捨て&終身払い” がベストな理由

2018/08/13
 
 
スポンサーリンク
 
 
スポンサーリンク
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。

こんにちは無資格FPのむらたくです。

「保険は貯蓄型の方が貯金にもなってお得」
「一生保険料を払い続けるのは不安」

そう考えている方も多いのではないでしょうか。

私は、掛け捨て&終身払いが一番ベストだと考えています。
なぜなら、貯蓄型や一定の年齢で払い込みが満了する保険は身動きが取れなくなるからです。

今回は、なぜ貯蓄型や払い込みが満了するタイプの保険は身動きが取れなくなるのか。
そして、身動きが取れなくなるとどうしてダメなのかを書いていきたいと思います。

 

  スポンサーリンク  

なぜ身動きが取れなくなるのか

”身動きが取れなくなる” とは、気軽に解約できなくなるという事です。

貯蓄型の場合、解約したら返戻金として今まで積み立ててきたお金が戻ってきます。
しかし、そのお金は積み立てた金額よりも少ない金額です。

なのでどうしても、「解約すると損する」という思考になってしまい、
中々解約に踏み切れません。

 

また、60歳満期の保険に入った場合60歳までで保険料の払い込みが終わり、
それ以降には保険料を払わなくてよくなります。

これは要するに、60歳までに60歳以降の保険料を事前に払っているということになり、
その分、支払う保険料が高くなります。

そうなると、「60歳まで今の保険に入っていた方がお得」という思考になってしまい。
こちらも中々解約に踏み切れなくなってしまいます。

 

「損をしてしまう」と考えて身動きがとれなくなってしまうという事は誰にでも起こる心理的な現象です。
なので、これ以上続けるのは損だとわかっていても続けてしまうという事が起こってしまいます。

これらの心理現象をサンクコスト効果といいます。

 

 

サンクコスト効果とは

サンクコスト効果とは

既に支払ってしまった費用・時間・労力のことを考えることで、その後の意思決定に悪い影響を与え、合理的な判断ができなくなってしまう心理のことを指します。

引用元:GENX NOTES

例えば、ゲームセンターのUFOキャッチャーなどで欲しい商品があったとします。
普通に買えば1000円くらいの商品です。

全く取れる気配もなく、800円くらい使ってしまいました。
冷静に考えれば、そこでやめて1000円で買ったほうが安く済みます。

ですが、今まで使ったお金の事を考えると「あと数百円なら・・」と、
今までのお金を勿体なく思い、やめられるタイミングでやめられなくなってしまいます。

こんな経験ありますよね?
このような心理現象をサンクコスト効果といいます。

この心理現象は医療保険の保険料の場合でも同じことが言えます。

 

  損だとわかっていてもやめられない。サンクコストとは?

 

 

保険は日々新しくなっていく

インターネットによってダイレクト型の保険が誕生し、保険料が格段に下がったように、
これらからの未来にも同じような革新があると私は思っています。

例えば、最近話題の仮想通貨。
ビットコインとかいうあれですね。

仮想通貨はブロックチェーンという技術を用いて非中央集権を実現しています。

このブロックチェーンを使用する保険ができた場合、保険料はまた格段に下がると思っています。

実際、住友生命が実験を行っていたりします。

  住友生命がブロックチェーンの実証実験、保険管理業務への導入効果を検証

住友生命の場合、すでに大きな保険会社になっているのでおそらくそこまで保険料は下がらないでしょう。

なぜなら、駅前には住友生命などの大手の保険会社のビルが並んでいますよね?
それらの土地代は誰が払うのでしょうか?

そうです。保険に加入しているわたしたちです。
それらの費用を払わなければならないため、そこまで保険料を下げる事はできないのではないか?

私はそう思います。
あなたもそう思いませんか?

そう考えたときに、保険料が安くなる保険会社というのは、
インターネットのダイレクト保険の会社か、もしくは新たにできる会社かの2種類です。

新たにできる会社というのは、ブロックチェーン上につくられた会社です。

ちょっとよくわからないですね・・
まぁ、そんなこともあるのかと思ってもらえればOKです。

これらの会社がブロックチェーンを利用することによって、さらに保険料が下がると考えられます。

 

  スポンサーリンク  

まとめ

これからも、新しい保険が生まれて保険料もどんどん安くなってきます。

そんな時代に、貯蓄タイプの保険や60歳満了の保険に入ってしまっていては、
今より良い保険が誕生した場合、乗り換えできずに損をしてしまいます。

昔に比べて目まぐるしく変化する今の時代に合っているのは、掛け捨て&終身払いなのではないでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.