岡山県岡山市在住、世帯収入15万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

PayPayの還元率が0.5%に戻ったとしても使い続けようと思った理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
  スポンサーリンク  

こんにちは無資格FPのむらたくです。

12月4日からPayPayでは100億あげちゃうキャンペーンを実施しています。

この期間が終われば使うのをやめてしまうという方もいらっしゃると思いますが、おそらく私は使い続けるであろうと思っています。

なぜなら、他の決済手段より還元率が高いからです。

「いやいや、0.5%なんてたいしたこと無いじゃん」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、0.5%ではなく3.7%の還元率を実現することが可能だからです。

 

PayPayのクレジットカード登録にはKyashも登録可能

PayPayにはクレジットカードを登録してクレジットカードをバーコードとして利用することが可能です。

なので、クレジットカードを登録することでPayPayのポイントとクレジットカードのポイントを2重でもらうことが出来ます。
そして、なんとクレジットカードにKyashも登録することが可能です。

Kyashとは簡単に言えば、プリペイドカードです。
それだけではなく、残高不足になると登録してあるクレジットカードから自動的に支払ってくれる便利なカードです。

KyashをPayPayに登録することで、3重でポイントをゲットすることが出来ます。

 

 

Kyashはクレジットカードのポイントも付与される

Kyashで支払いをする時、残高不足の場合クレジットカードから自動で支払われます。
そのときに、クレジットカードから支払われた金額にもクレジットカードのポイントが付与されます。
なので、Kyashでの支払いだけで 2% + クレジットカードのポイント が付与されることになります。

つまり、PayPayにてKyashを登録し支払いをするだけで、

PayPay + Kyash + クレジットのポイント

がたまるということになります。

例えば、Kyashにリクルートカードを登録すれば、

0.5% + 2% + 1.2% = 3.7%

の還元率になるんです。

 

 

まとめ

今までのことをまとめると

・PayPayにはKyashも登録可能
・Kyashは2%と登録したクレジットのポイントが付与される
・PayPayにKyashを登録で、PayPay + Kyash + クレジットのポイントが付与される

ただ、注意点としてポイントの還元率やポイントを付与の条件はいつ改悪されるかわかりません。

PayPayにKyashが登録できなくなるかもしれませんし、Kyashが2%では無くなる可能性もあります。
なので、最新の情報をよく確認して損の無いようにポイントをゲットしていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.