岡山県岡山市在住、世帯収入15万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

食費を節約したければ、”とりあえずコンビニに行く”をやめよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
  スポンサーリンク  

こんにちは無資格FPのむらたくです。

あなたは食費を節約したいと思ったときどのようなことをしますか?

「ファーストフードで夜ご飯を済ませる」
「もやし生活w」

なんて方もいらっしゃると思います。
ずばり、”なんとなくコンビニに寄る” を無くしてしまえば簡単に食費の節約をすることができます。

 

 

当たり前だがコンビニは割高

当たり前ですが、コンビニの商品はどれも割高です。

カップめんを買ったとしても200円くらいかかります。

例えば、毎日通勤途中にコンビニによって昼ごはんを買っているとします。

弁当とお茶とレジ横のチキンやおでんを買うとしましょう。
これだけでも、700円程度もお金がかかってしまいます。

月20日出勤12ヶ月と考えると、1年間で 約17万円も昼ごはんにお金を使っていることになるのです。

こう考えてみてください。
あなたの手取りが17万円だとしたら、昼ごはんのために1ヶ月間タダ働きしていることになります。
それなら食費の節約をして、あなたが必死で稼いだお金をほかの事に使った方が断然有意義に使うことができますよね。

 

自炊、もしくはスーパーに変えよう

「節約するなら自炊だ!!」

という事は昔から言われていますが、一人暮らしの場合なかなか長続きしないものですよね。
長続きしないと結局コンビニ通いに後戻りになってしまいます。
そうならないためにも、あなたにあった方法で食費を節約するのが一番です。

なので、自炊が続かないのであればスーパーの惣菜や弁当に変えてみましょう。
それなら、弁当とお茶を買ったとしても400円程度で抑えることができます。

また、お茶は家で入れていけば毎日100円もお得になります。
結局、スーパーに替えてお茶は水筒で持っていくことによって400円もお得になるのです。

年間約7万円の節約になるのです。

ちょっとした旅行にいけるレベルの金額ですね。

 

まとめ

いままでのことをまとめると

・食費を節約するならコンビニはやめる
・自炊もしくはスーパーを利用する
・長続きする方法で節約をする

これらを抑えていただいて、食費の節約をしていただければ毎年旅行にいける程度のお金を節約することが出来るはずです。

毎日のことなのでたかが数百円だったとしても、1年間にすると何万円にもなってしまいます。
なので、毎日のちょっとした出費にこそ目を向けて改善していくように心がけましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.