岡山県岡山市在住、世帯収入15万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

仕事したくないから結婚したい??それならマネーリテラシーを高めよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
  スポンサーリンク  

こんにちは無資格FPのむらたくです。

「仕事したくないから結婚したい」
「結婚して専業主婦になりたい」

こういう女性って結構いらっしゃると思います。
仕事がつらかったり、いやな上司と毎日一緒に過ごすのはとても苦痛ですよね?

でも、仕事をしたくないという理由で結婚するというのはやめたほうがいいです。

今回は、仕事をやめるための結婚はやめたほうがいい理由を3つ書いていきたいと思います。

 

 

収入をすべてを夫に依存する

仕事をしたくないから結婚をするということは、専業主婦になるということです。
なので、収入源をすべて夫に依存するということになります。

ということは、夫の仕事次第で生活ががらりと変わってしまう事もあるということです。

例えば、

夫が仕事を辞めてしまった
子供が出来、今の収入では足りなくなった
万が一離婚した場合、仕事を探すことから始めなければならない

など、結婚したとしても様々なリスクがあります。
なので、結婚したからといっても ”働かなくて良い” ということはまず無いと考えたほうが無難です。

また、夫が仕事を辞めてしまったらその結婚に価値を見出せなくなってしまうのではないでしょうか
そうならないためにも、仕事をやめるために結婚するというのはおススメしません。

 

 

仕事以上のストレスにさらされる可能性もある

結婚すれば、仕事をしなくてよくなり、すべてが楽になるというわけではありません。
なんだかんだ言っても、いろいろな事がおきます。

例えば、
姑がめちゃくちゃめんどくさい可能性もありますし、夫婦間でのトラブルなども避けては通れない問題です。
それらを考えた場合、結婚すれば楽になるという考え方はするべきではありません。

もし、面倒なことを避けたいと思うのであれば独身のほうが断然楽です。
人間関係も上辺の付き合いだけで済みますし、身内もあなた自身の家族くらいしかいません。

なので、仕事上のストレスはあるかもしれませんが、結婚より断然独身の方がストレスのない生活を送ることが出来ると思います。

 

 

お金について勉強するだけで仕事から少しずつ解放される

仕事をしたくないと思うのであれば、お金を使わない生活を考える事が大切です。

例えば、仕事帰りに居酒屋に行ったりしていませんか?
仮に、5000円程度のお金を払ったとします。

さて、この5000円の支出は本当に必要だったのでしょうか??

5000円もあればいろいろなことに使うことが出来ます。
本なら5冊程度も買えますし、食費なら1週間分くらいの金額になります。

また、5000円のためにあなたは何時間仕事をされていますか?
時給1500円だとすると3時間半程度の給料になります。

もし、仕事帰りに居酒屋に行っていなければ3時間半分の仕事をしなくて済んだという事になるのです。

仕事を3時間半して居酒屋に行くのと、居酒屋に行かずに仕事をせずに3時間半ごろごろするのとどっちが幸せですか??

もし、ごろごろしたいのであれば居酒屋に行くみたいな出費を減らすことからはじめてみてください。

 

 

まとめ

今までのことをまとめると、

・結婚は収入を夫に依存する
・結婚は仕事以上のストレスになる
・結婚よりお金の勉強をするべき

 

仕事を辞めるために結婚するのではなく、仕事をしたいためにお金の勉強をしましょう。
そのほうが、リスクも低いですし一生使えるスキルとしてあなたの血肉となります。

また、日ごろから出費を時給換算する癖をつけると無駄な出費がなくなります。
節約を癖付けるとお金のしがらみから少しずつ開放されていくのがわかります。

なので、少しずつでもいいのでお金の勉強をされてみることをおススメします。

この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.