岡山県岡山市在住、世帯収入15万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

貧乏とは収入の額ではなく、お金の使い方の問題

2018/12/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
  スポンサーリンク  

こんにちは、無資格FPのむらたくです。

突然ですが、

「あなたは貧乏ですか??」

もしあなたが今貧乏だと思うのであれば、おそらく一生貧乏のままでしょう。

なぜなら、貧乏だと思うという事はお金が足りないとおもっていると同義だからです。
次から次に欲しい物を買っていてはお金がいくらあっても足りません
そして、お金が足りないという事は必然的に貧乏になっていく事になります。

貧乏はお金の使い方の問題

あなたは、あたしンちというアニメをご存知でしょうか?
母と父、子供2人の4人家族それぞれの日常を描いた短編アニメです。

このアニメの中で、母がこういうセリフを言います。

「うちは貧乏なのー!!」

まぁセリフ的には、どこの家庭でも言いそうな言葉ですが・・・。
おそらく、この家族は貧乏とは程遠い収入を得ているとはずです。

2人の子供を養い、専業主婦の妻、3LDKのマンションとマイカーを所有
そして父は、毎日酒とたばこ、休みの日にはパチンコ

どこから見ても、高収入の世帯と思われます。
おそらく私の収入よりはるかに多い金額を稼いでいるでしょう。

ですが、母はいつも「お金が無い」、「うちは貧乏」と言っています。

それはなぜか、

ただ、お金の使い方を考えていないからです。

欲しい物は買い、家の中は物であふれかえり、目先の節約に躍起になり固定費を見直さない。
その上、父は熱しやすく冷めやすい性格で、色々なものを買って来ては飽きていく始末。

正直いって、この生活をしていてお金が残る方が不思議で仕方ありません。

そして、お金が残らない事だけを見て「お金が無い」「貧乏だ」と言っているのです。

このことからも、収入の額ではなく、お金の使い方が貧乏かどうかを大きく左右する問題であることはわかっていただけたと思います。

収入を増やす前に支出を減らす事を考える

収入を増やせば貧乏から抜け出せると思っている人はおそらく、収入が増えたとしても貧乏のままでしょう。
なので、まずは支出を減らすことから考えてみましょう。

真っ先に減らすのは固定費です。

固定費とは毎月何もしていなくてもかかるお金の事です。

例えば、

家賃
保険
スマホ料金

などです。

これらを見直すことでその先の支出額を大幅に抑える事ができ、かなりの節約になります。
詳しくは下の記事をご覧ください。

icon-arrow-circle-right 【家計の節約】こんなやり方はダメ!やっていい節約、ダメな節約

この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.