岡山県岡山市在住、世帯収入15万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

服を買うのをやめられないあなたに伝えたいたった1つの事

2018/05/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
  スポンサーリンク  

こんにちはむらたくです。
あなたは

「服を買うのをやめたい。でもどうすればいいのかわからない。」
そう思っているのではないでしょうか?

一般的に、女性は服を多く持っています。
なので、多いか少ないかは別にして話を進めていきます。
つまりあなた自身が多いと思っているという事は何か別の問題があるのかもしれません。
そのあたりの一つの答えとして書いていきたいと思います。

  スポンサーリンク  

 

流行は作られている

流行は作られている。というのをご存知でしょうか?
ファッションでもそれが当てはまります。

あなたは何を見ると服が欲しくなるでしょうか?
雑誌やCMや広告などでしょうか?
さて、
そのCMや広告は誰が作っているでしょうか?

そうです。アパレル業界です。アパレル業界がCMや広告を作っているんです。
ってことは、あなたが着る服を決めているのはアパレル業界って事ですよね?
つまり、アパレル業界が流行を作っているんです。

アパレル業界ではまず流行を決めます。
そして、モデルや芸能人などを起用しCMや広告によって流行が発信され、私たち消費者に情報として届けられます。

「この秋のトレンド」みたいなのって、流行るというより「この秋に流行らせますよー」っていうアナウンスみたいな物ってことですね。

まぁ要するに、流行るというから流行るんです。(ニワトリとタマゴみたいな感じですね)
流行ると言えば流行る。つまり作られた流行なんです。

だったら、こう思いませんか?
「そんな事を追いかけていたなんてバカバカしい」

 

あなたが本当に欲しいものは何?

とは言うもののこれを見たって欲しいものは欲しいですよね?
ただ、あなたに一つ聞きたいことがあります。
それは、

「あなたが本当に欲しいものは服ですか?」

え、服買いたいんだから服に決まってんじゃん。って感じですが、
この質問の意図することは、

服を買うことによって、あなたはどういう自分になることを望んでいるの?

という事を聞いています。

例えば、

・まわりからオシャレだと言われたい
・かわいい、カッコいいと言われたい
・モテたい

今のあなたには無い物を、服を買う事によって得ようとしてるのではないでしょうか?
つまり、まわりから”こう見られたい”という承認欲求を満たすためのツールとして服を買っているのではないでしょうか。

 

承認欲求とは

承認欲求とは

他人から認められたいとする感情の総称である。

引用元:weblio辞書より

さっきの話でもあったように

・まわりからオシャレだと言われたい

っていうのだったり
スゴイとか尊敬するとか言われたいっていうのも承認欲求ですね。

ただ、この欲求を満たすために本当に服を買う必要があるんでしょうか?
極端な話、まわりの人にスゴイと言ってもらうなら縄跳び二重とび連続100回とかでもすごいって言われますよね?

もし、モテたいならダイエットしたり料理ができるようになってもいいわけですし、
そんなにいっぱい服を買う必要はありませんよね。

要は、別の方法であなたの承認欲求を満たす方法はないですか?ってことを聞いています。

 

別の方法で満たす方法はないの?

承認欲求を満たす方法って他にもあると思うんです。

例えば、
自慢したいのであれば、

・こんな事ができる
・こんな事を毎日欠かさずやっている

みたいな事でもいいと思うんです。
つまり、いかに服を買わずにあなたの承認欲求を満たすか。これが一番大切です。

服を買う事自体が問題ってわけではないですよ。
ただ、あなたが買い過ぎてしまう現状をほかの方法に置き換えられれば服を買わずに満足するのではないか?という一つの考え方です。
そして、あなたにはあなた自身の気持ちをしっかりと考えてほしいのです。
ここに関してはあなた以外の人にあなたの気持ちはわかりません。
あなた自身で考えていく必要があります。
そしてあなたの本当の気持ちを確かめてみてください

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

服を買ったり、オシャレをするのはとても楽しいです。

ですが、どんな格好をしたとしても100人中100人がほめてくれるなんてことはあり得ません。
それなら、いっその事まわりの事は考えずにあなたが良いと思った服を着た方が幸せだとおもいませんか?
少なくとも私はそう思います。

あなたの服へのお金を別の事に使える事を願っています。

以上

この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.