岡山県岡山市在住、世帯収入15万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

株初心者の銘柄選定は優待で選べ!

2018/06/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
  スポンサーリンク  

こんにちはむらたくです。

あなたは株式投資の銘柄選定に困ったことはないでしょうか?

・どの銘柄を買っていいのかわからない
・買ってみたけどいつ下がるか不安

そんな方にぜひおススメしたい銘柄選定の方法が株主優待を参考に選ぶ方法です。

今回は株主優待による方法がなぜ良いのか説明していきたいと思います。

  スポンサーリンク  

 

利回りが良い

株式投資での利益の出し方として、価格差益配当金株主優待があります。

価格差益による利益は、安く買って高く売るという投資方法なので初心者が簡単にできる投資方法ではありません。
なので投資初心者は配当金や株主優待による利益の出し方が向いています。

ですが配当金で利益を出す場合、利回りはだいたい1%~5%程度です。

配当利回りが高い場合、リスクの高い銘柄である場合があります。
かといって低い利回りの銘柄を買ってしまうと高値つかみになってしまう危険性もあります。
そもそも投資額に対しての利益が少なくなってしまいます。

その点株主優待の場合、その物の価値を金額に換算した時の利回りが5%超になる銘柄が結構あります。
理由としては、自社製品など自社のサービスを優待としている事が多いためです。

例えば、
「配当金では1000円が限界の場合でも、自社のサービスなら1200円分の物を株主へ届けることができる。」みたいなことがあるからです。(商品の利益分を株主に還元できるから)

 

分散投資になる

「卵は一つのカゴに盛るな」という投資用語を聞いたことがあるでしょうか?

これはどういう意味かというと、

卵を一つのカゴに盛ると、そのカゴを落とした場合には、全部の卵が割れてしまうかもしれないが、複数のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちの一つのカゴを落としカゴの卵が割れて駄目になったとしても、他のカゴの卵は影響を受けずにすむということ。

特定の商品だけに投資をするのではなく、複数の商品に投資を行い、リスクを分散させた方がよいという教え(=銘柄分散投資)。

引用元:野村証券

つまり、様々な業種の銘柄に投資する事でリスクヘッジになるということです。

様々な業種の銘柄を自分で探すのはとても大変です。
そんな時は株主優待を目当てに銘柄を選ぶといいでしょう。

なぜなら、株主優待を基準に選ぶことで意図せずとも分散投資をしていることになるからです。

 

株主優待はずっともらえる

価格差益による投資方法の場合は下がった時点で損失になります。

そうなった時、投資初心者が冷静に損切をできるでしょうか。
少なくとも私の場合はできません。

その点、株主優待の場合は株さえ持っていれば毎年優待を受けることができます。
価格が下がって損失が出たとしても、「一生優待をもらう権利を買った」と思えば冷静になれるのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

株式投資は色々と勉強を始めるととても楽しい投資方法です。
その分危険もありますので、投資をする際はくれぐれも余剰資金で行うことを強くおススメします。

 icon-arrow-circle-right 株式投資で大切な3つのポイント
 icon-arrow-circle-right まだイオン株もってないの?絶対お得な株主優待

 

以上

この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.