岡山県岡山市在住、世帯収入15万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

衝動買いをやめるために見るべきでない広告3選

2018/05/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
  スポンサーリンク  

どうもこんにちはむらたくです。

あなたは買い物に行ってつい衝動買いしてしまう事ってありませんか?

それってお店側の販売戦略で買わされているからなんです。

今回は衝動買いをやめるために見るべきでない広告の謳い文句を3つ紹介したいと思います。

  スポンサーリンク  

 

○○%の人が満足

健康食品の広告なんかによく書かれていますよね。

”80%の人が効果を実感!!”

みたいなやつですね。
これって、例えば上記の例で言えば、

1000人中800人が効果を実感した場合と、
10人中8人が効果を実感した場合
どちらでも使える謳い文句なんです。

結構違いますよね??

これは少数の法則と呼ばれる方法を利用しています。

少数の法則とは

小数の法則とは、試行回数が少ないにもかかわらず大数の法則が当てはまると錯覚することをいう。

引用元:コトバンク

 

例えば、
100人に「試食をしてもらって美味しいか不味いか」のアンケートをとる計画をたてたとします。
初めの10人に試食してもらった所、8人が美味しいと答え、2人が不味いと答えました。

ここで、アンケートを中止したとします。

そしたら
10人中8人が美味しいと答えた事になりますよね?
残りの90人は食べてないんですから。
それでも8割の人が美味しいと答えた事になります。

もしかしたら残りの90人は不味いと答えるかもしれませんし、
50人が美味しいと答え、50人が不味いと答えるかもしれません。

だから、少数の人の意見だけを聞いただけでは実際の効果はわからないんですよね。

なので、
実際に何人中何人が満足しているのかを確認する必要があります。

でも、%表示している時点で人数を出したくないという事なので、

そっと目をそらして帰りましょう。

 

 

本日購入なら○○%OFF

これもよくある広告ですね。

”数量限定販売!!”

なんてのもありますね。
ショッピングモールなどで頻繁にセールとかやってますね。

「今買わなきゃ損!!」

みたいな気持ちにさせて、財布の口を開けさせる謳い文句ですね。

これらは希少性の原理と呼ばれる方法を利用しています。

希少性の原理とは

資源やそれからつくられるサービスの供給が,

人間の欲望に対して相対的に希少であるという原理

引用元:コトバンク

人は数少ない物や今しか手に入らない物などを見てしまうと、
あまり深く考えずに買ってしまいがちです。

なので、
「あっ!今買わなきゃ買えなくなる!!」

と思った時こそ深呼吸をして、
そっと目をそらして帰りましょう。

 

○○とセット購入でプレゼント

これまたよくある広告ですね。

”新規入会でティッシュプレゼント”

みたいなのもありますね。
これは何ていう名前なのかよくわからないんですが、特典とかプレミアムって言いますね。

人は何かがプラスでついてくるとお得感を感じてしまいます。

ポイントプレゼントとか言っといて、
少し値段を上げている事ってよくありますからね・・・。

まぁ必要な物なら買えばいいですし、
必要なければ、そっと目をそらして帰りましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これらの知識を知っているだけでも衝動買いを抑えることが出来ます。

売り手がプロで売る技術や知識を持っていて、
買い手が素人となってしまうと・・・、

そりゃ買っちゃいますよね?

なので、こういった売り手側の戦略を知っている事はとても大切です。

 

以上

この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.