岡山県岡山市在住、世帯収入15万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

県外に就職する際に知っておくべき3つのポイント

2018/05/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
  スポンサーリンク  

こんにちはむらかみです。

「この春から県外に就職する」

そんな方もいらっしゃると思います。
今回は県外で就職する場合に大切なポイントを3つ紹介したいと思います。

 

物件

立地条件

通勤距離をあらかじめ確認しておき、どれくらいの時間がかかるのか実際に確認しておきましょう。

また「初めて仕事をする」という人には分かり辛いかも知れませんが、通勤距離は出来るだけ短い方がいいです。

そして、お店や郵便局など普段生活で使うような施設が家の近くにある事を確認しておきましょう。
意外と「近くにコンビニしかない・・」という場合もあります。
そうなると、毎食コンビニみたいになってしまいますので食費がめちゃめちゃかかります。

 

 icon-arrow-circle-right 家賃だけじゃない!!物件選びで重要な3つのポイント

 

家具家電の状況

引っ越し先が家具家電付の場合があります
レオパレスなんかはテレビ、冷蔵庫、電子レンジ、エアコン、洗濯機、IHクッキングヒーターが付いています。

また、レオパレスでなくてもエアコンは付いているところが多いので改めてつけるという事もないと思います。
テレビがついていると、強制的にNHK料金を払わなければならないことになりますのできちんと払いましょうw

 

家賃や交通費など会社補助の確認

家賃や引っ越しの交通費などの費用が会社から支給される可能性があります
なのであらかじめ会社に確認しておくことをおススメします。

また、その場合は事後精算する事になりますので領収書を無くさずに持っておきましょう

  スポンサーリンク  

 

環境

天候や気温

その場所の地形や場所によって天候や気温は変わってきます
寒暖差や、降水量や日照時間、花粉量などあらかじめ把握しておくことをおススメします。

引っ越し先の状況により持ち物や家電などをあらかじめ準備しておくこともできますし、引っ越し先ですぐに購入することもできます。

 

交通状況

車の交通量や最寄りの駅、何時間に何本電車が来るのか、バスの交通量など、
仕事をする面でも必要になってきますし、引っ越しの際や遊びに行くときなどもかかわってきます。

家の前がめっちゃ渋滞する・・」
電車一時間に1本しかこない・・」

なんてことを初出勤日に知ってしまうのも最悪ですよね・・
なのであらかじめ近所の交通状況を知っておいて当日は余裕をもって行動するようにしましょう。

 

 

手続き関係

住所変更

住所変更が必要なものは引っ越し後にすぐにしておきましょう。

郵便局にて転送手続きをすれば、1年間は元の家に届く物も自分の家に届けてもらうことが出来ますので安心です。
ただ早めにしておく事をおススメします。

それは、仕事が始まるとなかなか手続きする時間がなくなってしまうからです。
なので、できれば引っ越し後すぐに住所変更をしておきましょう。

また、住民票の変更手続きである転出届は引っ越し前に済ましてしまいましょう
これは引っ越し後にしてしまうと一度引っ越し前の市町村の役所に行かなければならなくなります
なのであらかじめ済ませておきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「初めての県外で緊張する・・」

そんな方もいらっしゃると思います。
そんな方へ一言

「日本はどこ行ってもほぼ一緒」

日本で少し離れた都道府県に行ったところで、大して大きな変化はありません。
土地や環境などの影響もあるかもしれませんが、それは大した話ではありません。

むしろ、仕事をしていくとなると大きく関わってくるのは人間関係です。

「引っ越し先はこういう県民性なんだな・・」

みたいな先入観などは持たずに付き合う人自身を見ることが大切です。

そして県民性はあまりあてになりませんし、人それぞれ全く違います。
初めは戸惑う事も多々あると思いますが、慣れればそんな大した話ではありません

なので、あまり緊張せずに新生活を始めてみてはいかがでしょうか。

以上

この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.