岡山県岡山市在住、世帯収入15万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

仮想通貨を投資としておススメしない理由3つ

2018/05/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
  スポンサーリンク  

どうもむらかみです。

あなたは仮想通貨をもっていますか?
今回は仮想通貨を投資(金融商品の対象)としておススメしない理由を3つ紹介します。

  スポンサーリンク  

 

適正価格がわからない

仮想通貨には適正価格がいくらかなどの指標がありません。
株式投資の場合にはPERやPBRなど株価が適正かどうかを判断するための指標が多数あります。

なのでそれらの指標を用いることで安値で株を買う事ができます。
ですが、仮想通貨の場合適正価格がわからないため安値で買ったかどうかなんてわかりません。

  スポンサーリンク  

 

値上がりや値下がりが激しい

基本的に株価はそこまで乱高下することはありません。
仮想通貨の場合1日に数万、多いときには数十万上がったり下がったりします。

メンタル面で投資に慣れていない人などは価格の急落によって慌てて売ったりしてしまいがちです。
なので今まで投資経験などない人にとっては精神的にかなり疲れるのではないかなと思います。

 

 

インカムゲインが得られない

インカムゲインとは、持っているだけでその金額の数%がもらえるというものです。
株式や預金などは持っているだけで配当や利子などが得られます。

一方ビットコインなどのPoSマイニング以外の仮想通貨の場合、持っているだけで増えるという事はありません。
なので、持っているだけでお金を運んできてくれる資産としての価値はありません。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あくまでも投資(金融商品の運用)の対象として仮想通貨をおススメしないだけです。
仮想通貨やブロックチェーンの技術などはこれからもっと世の中を変えていくと思います。

新しい世界へ行くためのチケットを買っておくという気持ちで購入される事をおススメします。

 

仮想通貨の購入ならbitflyerで
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.