岡山県岡山市在住、世帯収入15万の夫婦二人が幸せになるための家計管理術を公開

いまさら聞けない。iDeCo(確定拠出年金)ってなに?

2018/05/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
  スポンサーリンク  

こんにちはむらかみです。

あなたはiDeCoの事どこまで知っていますか?

「よく聞くけどわからない」
「なんかお得になる」
「銀行預金より金利がいい」

そんなあなたにぜひ読んでいただきたくてまとめてみました。

  スポンサーリンク  

そもそもiDeCoって何?

加入者が月々の掛金を拠出(積立)し、予め用意された金融商品で、運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります。
※60歳になるまで、引き出すことはできません。

引用:http://www.dcnenkin.jp/about/

毎月自分の決めた金額で自分で決めた金融商品を運用します。
そして60歳で満期を迎え、毎月年金として受け取るか一度に受け取るかを選択します。
定期預金や財形貯蓄と違い、60歳になるまで引き出すことが出来ません。

 

どんなメリットがあるの?

積立額が全額控除

給料などを受け取った際、本来なら税金がかかります。
ですが、積立た金額に対して税金が掛かりません。
積立額に対していくら税金が安くなるのか下の例をご覧ください。

例:独身25歳、年収300万円、月1万円積み立てた場合

運用益が非課税

運用によって得た利益はすべて非課税になります。
本来なら税率20.315%(所得税・復興特別所得税15.315%、住民税5%)の税金がかかります。

iDeCoで積み立てた場合と普通預金で貯めた場合の利益の比較をしてみました。
この利益に対して税金が掛からないのは、めちゃめちゃお得ですよね?

(※運用実績により利息2%は上下します。)

受取のときの所得控除がある

積み立て時は全額控除になりますが、積立てたお金を満期時に受け取る際にはその額に対して税金が発生します。
ですが、積立をせずにそのまま受け取る場合は控除がありませんが、積み立てて60歳で受け取った場合は所得控除を受けられます。

また、年金として受け取る場合と一時金として受け取る場合では控除額が異なります。

 

年金で受け取る場合

控除額は、下記表から求めます。

(収入金額×割合控除額=税金が掛かる所得)

・例えば60歳、収入金額(年額)が300万円の場合

1,875,000円 となりこの金額に対して税金が発生します(その他の控除がない場合)。

 

一時金として受け取る場合

一時金として受け取る場合、退職所得となり退職所得控除を受けられます。控除額は下記の表から求めます。

控除額が80万円以下なら控除額は80万円となります。
また、勤続年数が1年未満の端数が生じる場合は1年に繰り上げます。

・15年3か月で退職、受取金額が700万円の場合

退職所得を求める計算式は、(受取金額-控除額)×0.5なので

となります。

 

逆にデメリットはある?

毎月一定額を積立、60歳まで引き出せない

毎月決めた金額を引き出すため、
「今月ピンチなんだよねぇ」とか言ってられません。
なので予め計画的にお金を残しておきましょう。
また、60歳まで途中で引き出すことはできませんので注意しましょう

 

手数料がかかる

iDeCoを始めた時、積立、運用には手数料がかかります。
ですが、積立をした場合は積立金や利益に税金が掛からないので結果的にお得になります。(運用する金額によっては損になる場合もあります。)

 

金融商品ってどんなのがあるの?

大まかに分けて下記のようなものがあります。

・定期預金
・資産分散型
・日本株式
・日本債券
・外国債券
・外国株式

詳細は金融機関によって異なります。

 

どうすれば始められるの?

金融機関にて口座開く必要があります。

銀行や証券会社にて取り扱っています。

あなたが利用中の銀行でも取り扱いがあるかもしれませんので一度確認してみください。

 

どこがいいの?

参考になるページを紹介します。
下記リンクよりご確認ください。

個人型確定拠出年金ナビ
手数料の比較
http://www.dcnenkin.jp/search/commission.php”

家計のポータルサイト
確定拠出年金選びで知っておきたい大事なポイント
https://www.kakei.club/401k/osusume.html

ダイヤモンドオンライン
【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】「運用商品の本数」を比較して選ぶ!投資信託&元本確保型が多いおすすめiDeCo金融機関
http://diamond.jp/articles/-/152987

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

iDeCo知らなかったけどやってみたくなったって方はぜひ一度調べてみて、自分にあったプランを見つけていただければと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1993年1月10日生まれ。2016年に結婚 夫婦2人で縁もゆかりも無い岡山市に引越。 二度の引越と転職、借金生活を経験。 結婚、仕事、お金についての情報を発信しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 無資格FPの家計簿 , 2017 All Rights Reserved.